手汗がひどい多汗症の管理人がファリネを使ってみた効果や口コミについて、体験談をまとめました!!

【ファリネ手汗に効かない?】多汗症の私が使ってみた口コミ・効果!

ファリネの成分と副作用

ファリネの制汗成分と副作用について

投稿日:

ファリネ成分

ファリネ,成分

成分名 効果 副作用危険度
クロルヒドロキシアルミニウム 制汗効果が非常に高いと言われる塩化アルミニウムよりも効果はやや劣るものの安全性が高い成分。 ★★
酸化亜鉛 収れん作用。また、紫外線防止効果があり、日焼け止めなどに使われます。
メチルハイドロジェンポリシロキサン 閉塞剤。皮膚にフタをして水分を閉じ込めます。
セリサイト 別名絹雲母。ファンデーションの基材に使われ、皮膚の酸化防止、紫外線防止効果
ミリスチン酸マグネシウム パウダーが固化するのを防ぐ成分です。
タルク 滑石という岩石を砕き粉状にしたもの。付着力が強く、皮脂を吸収しサラッとした状態にします。ベビーパウダーなどに使われます。
無水ケイ酸 別名シリカ。パウダーの湿気による固化を防ぎます。
アクリル酸アルキル共重合体 界面活性剤。少量で多量の油を乳化。耐水性があります。
シリル化処理無水ケイ酸 安定剤。
セルロース末 植物の細胞膜の主成分でパウダーの基材。
麻セルロース末 麻の細胞膜の主成分でパウダーの基材。
フェノキシエタノール 防腐剤。お茶にも含まれる天然成分。 ★★
メチルポリシロキサン 閉塞剤。
植物性スクワラン 美肌効果。配合成分の浸透作用を高めます。
トリメチルシロキシケイ酸 シリコンオイルの一種。耐水性があり皮膜成分として配合。
天然ビタミンE 抗酸化作用。

※当サイトの判定基準により算定しています。※★1個=非常に安全 ★4個=危険

ファリネに配合されている全成分の働きを調べてみました!

ファリネの主成分は、クロルヒドロキシアルミニウムという制汗成分の中でも安全性の高いものであることが分かりました。

ファリネの副作用

ファリネに配合されている成分を上記の表の様に詳しく調べたところ、

やや刺激があると思われる成分は、主成分のクロルヒドロキシアルミニウムと防腐剤ぐらいでした。

それらの成分でさえ副作用の起きる可能性は低いと言われており、ファリネに含まれている成分は安全性が高いと言えます。

ファリネによって手の痒みや肌荒れなどの起きる可能性は低いでしょう。

調べた結果一番オトクにファリネが購入できたのはコチラ↓↓でした!!

>>>ファリネの体験口コミを見てみる

-ファリネの成分と副作用

Copyright© 【ファリネ手汗に効かない?】多汗症の私が使ってみた口コミ・効果! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.